東京でも通信制高校は登校日数を選べる

どんなペースで学習を進めたいのか決めてから選ぶこと

そのため、授業スタイルも違ってきます。
全日制や定時制だと時間割が学校側から提供されていますし、授業時間についても全日制だと1日5〜8時間くらいで、定時制は1日4時間とされていますが、通信制はスクーリングという登校日が設けられておりその日に授業を受けるようになるといえますが、基本的には自身でレポートを提出してテストを受けます。
また、卒業まで必要な期間も異なっているといわれており、全日制は3年という期間が基準とされていますが、定時制の学校は4年以上とされているところもあるのです。
そして、通信制高校は単位制や2学期制が多く、入学が4月と10月となっていたり、随時募集になっているところもあります。
2学期制だと3月と9月に卒業設定が行われるということなのです。
そして、学年制より単位制が取られており、自身のペースで学習を進めていくことができ、最短3年ですが10年以上かけて卒業する人もいるといわれているのです。
こうした通信制の高校には技能連携校をもつところもあり、専門技術を勉強しつつ高校卒業を目指すということが可能になっているところもあります。
技能連携校のシステムでは3年間で2つの学校を卒業するというスタイルとなっていて、高等専修学校に入学と同時に広域通信制高等学校にも入学するというシステムで、高専での専門的な授業単位が高校卒業のための必要単位として認められるので専門的な技術を学びながら高卒資格が取得できるというものなのです。
このように、通信制の高校は全日制の高校や定時制の高校とはまた違ったシステムをもっており、自宅を中心に自身のペースで学習を進めたいという場合にはこうした通信制の高校を選択する学生は多いといえます。
また、東京にもさまざまな通信制の高校があり、どんなペースで学習を進めたいのかということを決めてから選ぶということがポイントといえます。

通信制高校も高校卒業資格は同じ : 通信制の高校はどれも同じだというわけではない : どんなペースで学習を進めたいのか決めてから選ぶこと